くるま.de.papa-net

くるま.de.papa-net ≫ マークU ≫ 09 <リモコンキーの登録>

     
09 <リモコンキーの登録>
マークU(GX100)は古い車なのでキーレスエントリーのリモコンキーが一つしか付いていません。
もしもの事を考えてリモコンキーのスペアを作る事にした。
リモコンキーに付いている送信機はGX100シリーズ・JZX100シリーズの各車両共用なので同シリーズのリモコンキーをオークションで落札した。
当然、各々の送信機には識別コードがありそのままでは使えない。
そこで、落札したリモコンキーの識別コードを車載コンピューターに登録をしなければならない。
ちなみに登録できるのは4つまでできます。

早速、登録することにした。
登録方法は
  01.登録の準備
     ・IGキーシリンダーにキーが差し込まれていない事
     ・運転席のドアが開いている事
     ・運転席のドア以外が閉まっている事
     ・運転席のドアがアンロック状態になっている事
     ・運転席のドア以外がロック状態になっている事
  02.キーをIGキーシリンダーに差し込んだ後抜き取る。

  03.その後40秒以内にドアに付いているロック/アンロックボタンでロック/アンロックを1秒間隔で5回繰り返す(計10秒)

  04.運転席のドアをいったん閉め、再度開ける。
  05.再度40秒以内にドアに付いているロック/アンロックボタンでロック/アンロックを1秒間隔で5回繰り返す(計10秒)

  06.キーをIGキーシリンダーに差し込む。
  07.IGスイッチのON/LOCKを1秒間隔で規定回数回す。

     ・1回 = 追加モード (現在登録されている識別コードに追加して新しい識別コードを登録する)

     ・2回 = 置き換えモード (現在登録されている識別コードを無効にして新しい識別コードを登録する)
     ・3回 = 確認モード (現在登録されている識別コードの数を確認する)
     ・5回 = 禁止モード (現在登録されている識別コードを無効にしてリモコンキーでのロック/アンロックをできないようにする)

  08.キーをIGキーシリンダーから抜く。
  09.07の規定回数に応じて自動的にドアに付いているロック/アンロックボタンが動作する。

     ・追加モード

= 1秒間隔で1回ロック/アンロックボタンが動作する
     ・置き換えモード = 1秒間隔で2回ロック/アンロックボタンが動作する
     ・確認モード = 2秒間隔で登録されている数だけロック/アンロックボタンが動作する
     ・禁止モード = 1秒間隔で5回ロック/アンロックボタンが動作する
     ※確認モード・禁止モードはこれで終了
  10.09の動作を含めて20秒以内にリモコンキーの送信ボタン(ロック/アンロックボタン)を1秒以上押す。
  11.3秒以内にリモコンキーからの送信を受信した確認のため1秒間隔で1回ロック/アンロックボタンが動作する。
     ※この動作が行われない場合は最初からやり直し
  12.20秒以内に運転席のドアをいったん閉め、再度開ける。
  13.12.の動作と合わせて20秒以内にリモコンキーの送信ボタン(ロック/アンロックボタン)を1秒以上押す。
  14.3秒以内に自動的にドアに付いているロック/アンロックボタンが規定回数動作する。
     ・1回 = 識別コードの登録が完了
     ・2回 = 識別コードの登録が出来なかった

       ※10と13で受信した識別コードが違う

       ※追加モード時に既に登録してある識別コードを登録しようとした
  15.下記の動作が行われた時に追加モード・置き換えモードが終了する。

     ・13の動作から20秒以上経過した

     ・運転席のドアを閉めた
     ・キーをIGキーシリンダーに差し込んだ
以上で登録は完了です。

 

戻る