くるま.de.papa-net

くるま.de.papa-net ≫ プリウス20 ≫ 01 <ドアロック連動自動開閉ドアミラーの取り付け>

 
ドアロック連動自動開閉ドアミラーの取り付け
楽天 azzurri car shop で下の広告のようなドアロック連動サイドミラー自動開閉キットを見つけたのだ早速買って取り付けてみました。 (写真は azzurri car shop 様のサイトより転載)

  付属の説明書によると下図赤□のように紫コードをアンロック信号、黄色コードをロック信号、赤コードを常時電源に接続しカプラを運転席のドアミラースイッチのカプラーに割り込ませます。
 

早速、作業に取り掛かります。
まず運転席ドアの内張をはがします。
赤矢印の所に内張外し工具やマイナスドライバーを入れて手前にはがします。

赤○2の部分に上から刺さっているところがあるので赤○1の部分を引っ張って外してから上に持ち上げて、赤○2の部分を外します。

ドアノブの赤矢印の所に内張外し工具やマイナスドライバーを入れて手前にはがします。

赤○のようなビスが現れますのでドライバーで外します。

ドアとって内の中央に赤○のようなビスがあるのでドライバーで外します。

後は赤○付近にあるツメを内張外し工具やマイナスドライバーを入れて手前にはがします。

最後に内張全体を上 に引き上げれば内張は外れます。
内張を剥がすと下の写真のような感じになります。
赤○のコネクターがドアロックのコネクターになります。

黄色の配線がロック、緑色の配線がアンロックになります。

黄色の配線にキットの黄色配線(ロック)、緑色の配線にキットの紫色配線(アンロック)をギボシ端子で接続しました。

常時電源はドアには来ていないので車両本体より取ることにしました。
赤□のようにドアと車両本体の間の両者をつなぐジャバラの配線カバーがありますのでこの中を通します。

赤□のようにドア側のジャバラは簡単に引き抜くことができます。

ドアのビニールカバーをはがします。

ドアのビニールカバーをはがしたところから中を覗くと車両本体へ繋がっている配線と赤○のように蛇腹を外した穴が見えます。
しかし、この場所はサイドガラスが収まるところなので配線が邪魔にならないように赤□の場所に配線を通します。

こんな感じに配線を引き出します。

次に赤□のように先端を曲げた太目の針金を用意します。

この針金を蛇腹の中を通し出て来た針金に下写真のように配線を通し針金を引き抜きます。

これで下写真のように配線が車両本体の中に引き込まれました。

最後に配線を常時電源に繋ぎます。
色々と調べた結果、ETC等を取り付ける時に使用する常時電源とAC電源がすぐ近くにある事がわかりましたのでその常時電源を使うことにしました。
上図で引き込んだ配線のすぐ近くに赤○のような青いカプラがあります。

赤←が常時電源です。

引き込んが配線を直接黄色の配線に 接続すれば簡単なんですが引き込んだ配線が赤色のためAC電源と間違わないように黄色の配線を用意して常時電源と接続しその黄色の配線を引き込んだ赤色配線と接続しま した。

これでドアロック連動サイドミラー自動開閉キットの結線は終わったのでキット本体を適当な場所に貼り付け内張等を元に戻し動作確認を行い完成です。

戻る