自宅サーバー ≫ Windows Server ≫ FTPサーバー(BlackJumboDog)

 
※内容が古いので参考程度にお読み下さい!!!
ここでは、自宅Webサーバー用のソフト 『BlackJumboDog』 の紹介です。このソフトは『札幌ソフト開発工場』と言うところが作製しているフリーウェアです。

このソフトは一つでWeb・メール・プロキシ・FTPサーバーを構築できるものです。一つで全てできると言う事は色んなソフトをインストールし複雑な設定をしなくてすみます。

ここでは『BlackJumboDog』の実際の設定例を紹介します。

インストール

http://homepage2.nifty.com/spw/ にアクセスします

上図のようなページが表示されますので『ソフトウェア』⇒『BlackJumboDog FREE(ソース公開)2005/04/18』をクリックします。

上図のようなページが表示されますので『ダウンロード』をクリックします。

上図のようなページが表示されますので『フルセット版』をクリックしダウンロードします。 ダウンロード完了後『bjd-3.8.1』を解凍します。

FTPサーバーの設定

『設定(O)』⇒『Ftpサーバ(F)』をクリックします。

下図のような『Ftpサーバ設定 ダイアログ』が表示されます。

『Ftp サーバを使用する』の前のチェックボックスのチェックを入れます。

□基本設定

『クライアントから見たポート』
  Ftpサーバのポートを入力します。(通常は 21 です)

『待ち受けるネットワーク』
  Ftpサーバの待ち受けるネットワークを入力します。
  公開するFtpサーバの場合は上図のような設定になります。

その他の設定は特別な事が無い限り、上図(初期設定)のような設定でOKです。

□利用者

『ユーザ名』
  Ftpサーバを利用ユーザの名前を入力します。

『パスワード』
  Ftpサーバ
を利用ユーザのパスワードを入力します。

『ホームディレクトリ』
  『参照』ボタンをクリックしてFtpサーバ
を利用するディレクトリを指定します。

『アクセス制限』
  ユーザ毎にアクセス制限を指定します。
  FULL    ⇒ フルアクセス。
  DOWN  ⇒ ダウンロードのみ。
  UP       ⇒ アップロードのみ。

『追加』ボタンをクリックします。

ユーザ名の前のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。

最後に『OK』ボタンをクリックして設定完了です。

TOPへ戻る