自宅サーバー ≫ Windows Server ≫ VNCサーバー

 
※内容が古いので参考程度にお読み下さい!!!
自宅Web&Mailサーバー を設置後各種設定等が必要な時があります。しかしサーバー機は普段使わないため部屋の片隅に置いてありますのでそこまで行って操作するのが面倒になります。

そこで遠隔操作ソフトを導入することにしました。遠隔操作ソフトは値段も高く、設定も複雑だと思っていませんか???

実はフリーの『VNC』という遠隔操作ソフトがあるのです。外国製のソフトですが家庭内のLAN環境でサーバーを遠隔操作するだけなら設定もほとんど無く使えます。

また、このソフトオープンソースですから色々な人々がOS用を開発していますので殆どのOSで利用することができます。今回はもっともポピュラーなWindows版を使ってみました。

ダウンロード

まず、ソフトのダウンロードですが『窓の杜』からダウンロードすることができます。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/netuty/vnc.html にアクセスします。

画面をスクロールして『VNC』をクリックします。 ※『VNC(ソースコード)』ではありません。
下図のような画面が表示されます。
画面をスクロールし『VNC』の『DOWNLOAD』をクリックしてダウンロードを開始します。
下図のような画面が出た場合は『保存』をおしてダウンロードを続け適当な場所に保存します。

インストール

ダウンロードが完了すると下図のようなセットアップファイルが表示されますのでダブルクリックしてインストールを開始します。

遠隔操作する方も、される方もこのソフトをインストールします。

『Next>』をクリックします。

ライセンス契約が表示されますので『I accept the agreement』の前のチェックボックスにチェックを入れ『Next>』をクリックします。

インストール場所の設定ですが、場所を指定する場合は『Browse...』をクリックして適当な場所を指定し『Next>』をクリックします。

『VNC Server』は遠隔操作される方で『VNC Viewer』は遠隔操作する方のソフトです。ファイルサイズも小さくデフォルトと両方選択されていますのでこのまま『Next>』をクリックします。

『Next>』をクリックします。

『Next>』をクリックします。デスクトップに遠隔操作ようのショートカットアイコンを作りたい場合は『Create a VNC Viewer desktop icon』の前のチェックボックスにチェックを入れ『Next>』をクリックします。

『Install』をクリックします。

インストールが開始されます。

『OK』をクリックします。

『OK』をクリックします。

上に操作する方が操作される方にログインする時のパスワードを設定します。確認のために下にも同じパスワードを入力します。

操作する方は『Cancel』をクリックしてパスワード入力を行いません。

『Next>』をクリックします。

『Finish』をクリックします。これでインストールの完了です。

モニタ画面のタスクバーに『VNC』のアイコンが表示されれば正常にインストールされ『VNC』が起動しています。

以上を操作する方と、操作される方の両方のパソコンで行います。
操作方法
では実際の操作方法ですが、操作する方のパソコンで『スタート』→『すべてのプログラム』→『Real VNC』→『VNC Viewer 4』→『Run VNC Viewer』をクリックします。

操作される方のIPアドレスを入力して『OK』をクリックします。

上記で指定した操作される方のログインパスワードを入力して『OK』をクリックします。

下図のように操作されるパソコンのデスクトップ画面が表示されますのでマウス・キーボードを使って操作を行います。

TOPへ戻る