自宅サーバー ≫ Windows Server ≫ Webサーバー(AN HTTP)

 
※内容が古いので参考程度にお読み下さい!!!
Webサーバーソフトの定番的ソフト『AN HTTPD』を使ってWebサーバーを構築してみようと思います。

このソフトはフリーソフトでありながら以外と高機能で設定も難しくなくWebサーバー初心者にピッタリのソフトです。

ダウンロード
http://www.st.rim.or.jp/~nakata より中田昭雄氏のホームページを開きます。

上図のようなホームページは開きます。このホームページの後半のほうに下図のようにダウンロード画面がありますのでそこから httpd142i.exe をダウンロードします。

インストール

サーバーとして使うドライブに『public_htmi』と言うディレクトリーを作りダウンロードしたファイル httpd142k.exe をコピーします。 コピーした  httpd142k.exe をダブルクリックしてインストールが始まります。

インストールウィザードが開きますので『Unzip』を選択します。

インストール終了後下図のようなメッセージが表示されますので『OK』ボタンを押します。再度上図の『Close』を選択して閉じます。

設定

インストールしたフォルダーの中より『httpd.exe』の黄色いアイコンをダブルクリックしてソフトを起動します。

タスクバーに黄色いアイコンが表示されますので、そのアイコンを右クリックし『オプション一覧』を選択します。

上図のような画面が表示されます。

@『一般』タブの設定

『ドキュメントルート:』に実際に“AN HTTP”をインストールしたディレクトリを指定します。
『ポート:』には HTTP(WWW) に使うポート『80』を指定します

A『ファイルタイプ』タブの設定

『Windowsのファイルタイプ/MIMEを使用する』にチェックを入れます。

その他のタブは設定する必要はありません。

確認
先ほど“AN HTTP”をインストールしたディレクトリ“public_htmi”に“index.htm”or“index.html”と言うホームページファイルを作り保存します。
Webブラウザを開きWebサーバーにしたパソコンのIPアドレスを入力します。
“index.htm”or“index.html”の内容が表示されれば成功です。
スタートアップ登録
パソコンの起動時にソフトも同時に起動するようにショートカットをスタートアップフォルダーに登録しておいて下さい。

TOPへ戻る