自宅サーバー ≫ Windows Server ≫ Webサーバー(BlackJumboDog)

 
※内容が古いので参考程度にお読み下さい!!!
ここでは、自宅Webサーバー用のソフト 『BlackJumboDog』 の紹介です。このソフトは『札幌ソフト開発工場』と言うところが作製しているフリーウェアです。

このソフトは一つでWeb・メール・プロキシ・FTPサーバーを構築できるものです。一つで全てできると言う事は色んなソフトをインストールし複雑な設定をしなくてすみます。

ここでは『BlackJumboDog』の実際の設定例を紹介します。

インストール

http://homepage2.nifty.com/spw/ にアクセスします

上図のようなページが表示されますので『ソフトウェア』⇒『BlackJumboDog FREE(ソース公開)2005/04/18』をクリックします。

上図のようなページが表示されますので『ダウンロード』をクリックします。

上図のようなページが表示されますので『フルセット版』をクリックしダウンロードします。 ダウンロード完了後『bjd-3.8.1』を解凍します。

Webサーバー

インストールしたフォルダより『BlackJumboDog』を起動しますします

下図のように『BlackJumboDog』が起動します。

『設定(O)』をクリックします。

『Webサーバー(W)』⇒『仮想ホスト(V)』をクリックします。

下図のようなダイアログが表示されます。

 

『名前(表示用)』に適当な名前を入れて『追加』ボタンをクリックします。

新しく表示された名前の前のチェックボックスにチェックが入っていることを確認して『OK』ボタンをクリックします。

『BlackJumboDog』が再起動されます

再起動後『設定(O)』⇒『Webサーバー(W)』⇒『上記で作った仮想ホスト(この場合は Papa-Net)』をクリックします。

下図のような『Webサーバ設定 ダイアログ』が表示されます。

『Web サーバを使用する』の前のチェックボックスのチェックを入れます。

これでWeb サーバとして利用できるようになります。

TOPへ戻る